お知らせ

限度額適用・標準負担額減額認定証の更新について

これまでご使用の限度額適用・標準負担額減額認定証(減額認定証)は、平成25年7月31日が有効期限となっており、8月1日から使用できなくなります。

お届けについて

申請手続きをされた方(区分1の方は手続き不要)の新しい減額認定証は、8月5日(月)から順次発送いたします。 

申請手続きについて

現在、減額認定証をお持ちの方で

(1)平成25 年8月以降の認定区分が「区分1」(※1)の該当となる方
→8月上旬に新しい減額認定証を直接送付します。(更新手続きは不要です。)
(2)平成25 年8 月以降の認定区分が「区分2」(※2)の該当となる方
→7 月中旬に山口県後期高齢者医療広域連合から「申請のお知らせ」と「申請書」を送付しておりますので、必ず8 月31 日までに更新の手続きをしてください。

※1 区分1:世帯の全員が住民税非課税であり、各種収入から必要経費・控除を差し引いた所得が0 円となる世帯に属する方(収入が年金のみの場合は、年金収入80 万円以下の方)又は老齢福祉年金受給者。
※2 区分2:世帯の全員が住民税非課税である世帯に属する方。

手続きの窓口

市役所・町役場の後期高齢者医療担当課

※支所、出張所などでも出来る場合がありますので、事前にお住まいの市役所・町役場にお問い合わせ下さい。

手続きに必要なもの

① 後期高齢者医療制度の被保険者証
② 平成24 年度の減額認定証
③ 現在「区分2」の減額認定証をお持ちの方で、その認定期間内の入院日数の合計が91 日以上の場合、入院日数が確認できる書類(病院の領収書など)

91日以上入院されているかた 

現在「区分2」の減額認定証をお持ちの方で、その減額認定証の有効期間内の入院日数の合計が91 日以上の場合は、申請することで食事代が更に減額されます。申請の際は病院の領収書など、入院日数のわかる書類をご持参ください。

収入申告について

同一世帯内に収入の申告等がまだお済みでない方がいらっしゃる場合、負担区分の判定ができないことがあります。その際は、各市町の窓口にて、申告をしていただきますようお願いいたします。