お知らせ

「平成25年7月28日大雨災害」により被災された被保険者の方へ

「平成25年7月28日大雨災害」により被災された被保険者の方へ

平成25年7月28日からの局地的大雨により、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

今回の被災に伴い、山口県後期高齢者医療広域連合の被保険者が下記の申請をされる場合、お住まいの各市役所・町役場の窓口でお手続きください。

保険料の減免又は徴収猶予について

震災、風水害、火災等の災害により住宅等の財産に著しい損害を受けたことにより保険料を減免又は徴収を猶予するものです。

減免又は徴収猶予の対象

被保険者又はその属する世帯の世帯主が所有し使用する住宅等の財産が災害により損害を受けた場合

対象となる保険料

(1)減免

平成25年7月納期分から平成26年6月納期分まで

(2)徴収猶予

納期毎に6箇月以内

減免の要件及び割合

損害の割合による「保険料」の減免割合

財産の損害の割合 前年の総所得金額等の合計額 減免の割合
30/100以上50/100未満 500万円以下 50/100
500万円を超え750万円以下 25/100
750万円を超え1,000万円以下 12.5/100
50/100以上 500万円以下 100/100
500万円を超え750万円以下 50/100
750万円を超え1,000万円以下 25/100

申請に必要な書類等

(1)減免

  • 災害の事実を証明するもの(り災証明書等)
  • 損害保険の金額のわかるもの(振込通知等)
  • 印鑑

(2)徴収猶予  

  • 災害の事実を証明するもの(り災証明書等)
  • 印鑑

申請窓口

一部負担金の減額、免除又は徴収猶予について

震災、風水害、火災等の災害により住宅等の財産に著しい損害を受けたことによる入院に要する一部負担金を減額、免除又は徴収の猶予をするものです。

減額、免除又は徴収猶予の対象

次の(1)及び(2)に該当する場合

(1)被保険者の属する世帯の世帯主が所有し使用する住宅等の財産が災害により著しい損害を受けた場合

(2)被保険者の属する世帯の世帯主が既に市町村民税を減免されている方、当該災害の損害により市町村民税を減免される方又は市町村民税を課税されていない方である場合

対象となる一部負担金

被保険者が申請のあった日の属する月の初日以降に受けた入院に要する一部負担金(やむを得ない特別の理由があると認めるときは、当該災害の発生した日の属する月の初日以降の入院に要する一部負担金)

減額、免除又は徴収猶予の期間

(1)減額又は免除
減免開始月から連続して3箇月以内ですが、必要と認められる場合は、申請によりさらに3箇月以内を限度として適用することができます。

(2)徴収猶予
6箇月以内

減額又は免除の要件及び割合

損害の割合による「一部負担金」の減免割合

財産の損害の割合 前年の総所得金額等の合計額 減免の割合
30/100以上50/100未満 500万円以下 50/100
500万円を超え750万円以下 25/100
750万円を超え1,000万円以下 12.5/100
50/100以上 500万円以下 100/100
500万円を超え750万円以下 50/100
750万円を超え1,000万円以下 25/100

申請に必要な書類等

申請窓口