お知らせ

不審な電話や訪問者等に関する情報提供

平成26年2月4日14時頃、宇部市の被保険者宅に宇部市役所のサイトウと名乗る男性から電話があり、医療費過払金22,500円が戻ると言われた。被保険者が明日市役所に来庁する旨応対し、当人が、翌2月5日午後に来庁された際に保険料、医療費とも還付予定なく詐欺である事実が判明した。幸い今回は個人情報も話しておらず被害なかった。窓口にて今後もそのような電話があれば、口座番号などの個人情報は教えないこと、市役所に問合せいただくとともに警察にも通報する旨伝えた。

 

平成26年2月19日12時頃、宇部市の被保険者宅に宇部市役所のヤマシタと名乗る男性から電話があり、医療費の過払金2万円が戻ると言われ、金融機関名を教えた。その後、スーパーかショッピングセンターのATMに行くよう指示があり、言われるまま最寄のスーパーでATMを操作し、暗証番号や預金残高を相手に伝えた。同日13時半頃に被保険者が宇部市役所保険年金課に来庁し、そのような医療費の戻りがあるか質問され不審電話であったことが判明した。被保険者には金融機関及び警察署に行っていただいたが、幸いにも振込操作はしておらず被害はなかった。来庁された際、今後もそのような電話があれば、口座番号などの個人情報は教えないこと、また、市役所にお問合せいただくとともに警察にも通報するよう伝えた。