お知らせ

不審な電話や訪問者等に関する情報提供

 平成26年5月26日12時00分頃、山口市内の被保険者宅に名乗らない者から「医療費の還付があるので、銀行のキャッシュカードの番号を教えてほしい」との電話があった。当人がキャッシュカードが手元にない旨伝えると電話が切れた。

 その後、被保険者が確認のため市保険年金課に電話されたが医療費の還付の予定はなく、詐欺であることが判明した。

 山口市では、電話で口座番号を確認することはないこと、不審電話であり詐欺等の可能性が高いことなど被保険者へ注意喚起を行い、再度連絡があった場合は、市役所に連絡するよう伝えた。なお、被保険者に実際の被害はでていない。