お知らせ

不審な電話や訪問者等に関する情報提供

(事案①)

平成27年6月5日12時過ぎに、光市の被保険者宅に光市役所保険年金課を名乗る東北訛りの男性より電話あり。何か還付があると言われ口座番号を聞かれたので不審に思い、自分が手続きに市役所に行くと伝えると電話が切れた。
被保険者が確認のため光市役所に電話し、詐欺が判明した。
市では、そのような電話はしていないことを説明し、不審電話である可能性が高いので、次に同様の電話があっても指示に従わず、市役所及び警察署に相談するよう伝えた。
今回の事案については、被保険者に実際の被害は出ていない。

(事案②)

平成27年6月5日12時40分頃、光市の被保険者宅に光市役所保険課を名乗る男性より電話あり。青い封筒で還付金の書類を送付したが、まだ手続きされていない、4万円戻ってくるので口座番号を教えてほしいとのこと。不審に思い市役所に電話すると伝えると電話が切れた。
被保険者が確認のため光市役所に電話し、詐欺が判明した。
市では、そのような電話はしていないことを説明し、不審電話である可能性が高いので、次に同様の電話があっても指示に従わず、市役所及び警察署に相談するよう伝えた。
今回の事案については、被保険者に実際の被害は出ていない。

(事案③)

平成27年6月8日10時頃、光市の被保険者宅に加藤という男性より電話あり。高額療養費の振り込みをするので口座番号を教えてほしいとのこと。不審に思いフルネームを教えるよう言うと電話が切れた。
被保険者が確認のため光市役所に電話し、詐欺が判明した。
市では、そのような電話はしていないことを説明し、不審電話である可能性が高いので、次に同様の電話があっても指示に従わず、市役所及び警察署に相談するよう伝えた。
今回の事案については、被保険者に実際の被害は出ていない。

(事案④)

平成27年6月8日、光市の被保険者宅に光市の職員という男性より電話あり。平成24年から25年の何かの還付金があるとのこと。お金の関係は若いものに任せていると伝えて電話を切った。
被保険者が不審に思い確認のため光市役所に電話し、詐欺が判明した。
市では、そのような電話はしていないことを説明し、不審電話である可能性が高いので、次に同様の電話があっても指示に従わず、市役所及び警察署に相談するよう伝えた。
今回の事案については、被保険者に実際の被害は出ていない。