お知らせ

不審な電話や訪問者等に関する情報提供

平成27年11月19日11時20分頃、光市の被保険者宅に光市役所の職員を名乗る男性から電話あり。
平成20年から平成24年までの医療費の払い戻しが37,000円くらい発生しており、通知文を発送したが確認されたかとのこと。
見ていないと答えると、市役所の手違いで他にも文書を送ったが届いていない人がたくさんいた為、市役所の方で返金手続きをしたい。銀行口座、通帳、キャッシュカードは持っているかと聞かれた為、口座はあり、通帳は持っているがキャッシュカードはないと答えると市役所から返金手続きをする。後日銀行から振り込みの連絡があると思うと言って電話が切れた。
不審に思い被保険者が光市役所に確認の電話をしたため詐欺が判明した。
市役所からはそのような電話をかけておらず、後期高齢者医療の保険料や高額療養費については還付金が発生していない旨説明。
不審電話である可能性が高いので、次に同様の電話があっても指示に従わず、光市役所及び警察署に相談するよう伝えた。
今回の事案については、被保険者に実際の被害は出ていない。