お知らせ

不審な電話や訪問等に関する情報提供

【事案1】
平成29年6月20日(火)午前9時頃、岩国市在住の被保険者宅へ電話がかかり、「還付金があるが、マックスバリュにあるATMの使い方が分かるか」と聞かれ、さらに「手続きをすれば医療費をお返しする」と言われた。
身体が不自由なため外出できないと伝えると電話が切れた。被保険者は不審に思い、岩国市由宇総合支所市民福祉課へ確認の電話をした。
市役所からはそのような電話はかけておらず、保険料等については還付金が発生してない旨説明した。不審電話であると思われるので、明日以降、同様の電話があっても指示には従わず、岩国市役所へ確認・相談してもらうよう伝えた。

【事案2】
平成29年6月21日(水)13時頃、岩国市在住の女性被保険者宅へ後期高齢者医療保険料の支払金があると男性から電話がかかった。2月に緑色の封筒で通知しており4月末が期限だったが、今回6月末まで支払いができることになったので連絡したとのこと。支払い金額は13,610円、6月末に銀行へ振り込みをするので、手元に通帳を用意してくれと言われた。折り返し電話をすると伝えたところ、東京の保険事務所03-5526-7938へ連絡するよう言われた。
被保険者は不審に思い、岩国市役所へ確認の電話をした。
市役所からはそのような電話はかけておらず、保険料については還付金が発生してない旨説明した。不審電話であると思われるので、明日以降、同様の電話があっても指示には従わず、岩国市役所へ確認・相談してもらうよう伝えた。