医療制度

医療機関の方へ

契約の概要

  1. 実施主体   山口県後期高齢者医療広域連合
  2. 実施形態   広域連合と一般社団法人山口県医師会とが委託契約し実施
  3. 契約期間   平成29年4月1日から平成30年3月31日
  4. 健診対象者  広域連合の被保険者(75歳以上の方及び65~74歳の一定の障害がある方)
  5. 健診実施機関 山口県医師会へ届出をした健診機関
  6. 健診項目   特定健診の必須項目(腹囲を除く。)+貧血検査
  7. 健診単価(H29年度) 9,141円 
  8. 健診結果通知 健診機関から受診者に通知

健康診査実施の流れ

  1. 被保険者が持参するもの
    • 健康診査受診券(黄色)
    • 健康診査質問票
    • 後期高齢者医療被保険者証
  2. 健診機関の確認
    健康診査受診券と被保険者証を照合し、本人確認をします。
    ※ 健康診査受診券と被保険者証どちらか一方では、受診できません。
  3. 受診者負担金の徴収
    健診機関は、受診する者から定額500円を徴収します。
  4. 請求金額
    9,141円(健診単価)-500円(受診者負担金)=8,641円
  5. 請求方法
    次のいずれかの方法により行う。
    (1)電子情報処理組織(健診機関と国保連合会を電子通信回線で接続したもの)で、直接国保連合会に送信
    (2)フロッピーディスク等の電子媒体を国保連合会に直接送付
    (3)紙媒体の特定健診等結果・入力票を郡市医師会(または、データ化の委託先)に送付
      例1)郡市医師会→県医師会(健診結果情報のデータ化)→国保連合会
      例2)代行機関によるデータ化→国保連合会
  6. 健康診査の結果通知
    健診機関様から健康診査の結果の通知をお願いします。なお、広域連合から健診結果を送付しません。健診後、再来院を促していただきますようお願いします。
    下の書類をご用意しておりますので、ダウンロードしてご活用ください。

健診機関からよくある質問

1.75歳になった方に受診券が届き、既に国保の特定検診を受診されています。本人は、受診を希望されていますが、どうしたらいいですか?

1.年度内に健康診査と同様の健診を受診されている方は、受診する必要はありません。ただし、本人が受診を希望する場合は、受診させてください。なお、健康診査の費用も通常通り請求可能です。

2.受診券を無くされていますが、健康診査の受診を希望されています。

2.健康診査受診券の再交付申請がお住まいの市役所(町役場)で出来ます。二重受診防止のため、受診希望者が受診券の再交付を受けたのちに受診させてください。