医療制度

受けられる給付

病気やけがの治療を受けたとき

(療養の給付)医療費の1割負担(現役並み所得者は3割)を自己負担するだけで医療機関に受診できます。

やむをえず治療を全額負担したとき

(療養費)保険証を持たずに医療機関に受診したときなど、申請して認められると、自己負担分を除いた額が支給されます

入院した時の食事代

(入院時食事療養費)定められた自己負担分を除いた額が給付されます。

療養病床に入院したとき

(入院時生活療養費)食費と居住費の定められた自己負担分を除いた額が給付されます。

医療費(1箇月)の自己負担額が高額になった時

(高額療養費)自己負担額が定められた限度額を越えた場合、申請して認められると、その超えた額が支給されます。

介護保険サービス利用料との合算が高額になった時

(高額介護合算療養費)自己負担額の合算が定められた限度額を越えた場合、その超えた額が支給されます。

訪問看護サービスを受けたとき

(訪問看護療養費)主治医の指示で訪問看護を利用した場合、自己負担が1割(現役並み所得者は3割)となります。

入院・転院のため緊急の移送をしたとき

(移送費)移転困難な患者で、医師の指示でやむをえず入院・転院した場合、申請して認められると、移送費が支給されます。

差額を負担して医療を受けた時

(保険外併用療養費)保険外診療を受ける場合でも、厚生労働大臣の定める療養については、通常の治療と共有する部分の費用が給付されます。

被保険者が死亡した時

(葬祭費)葬祭を行った方が申請すると、5万円が支給されます。